山梨県にある甲府市立舞鶴小学校のホームページです。

舞鶴小学校について

本校は、甲府市が薦める小学校の適正規模化によって、3つの小学校(相生小・穴切小・春日小)が統廃合され、平成17年度に開校した新しい学校です。しかし、平成17年度は校舎の増改築の関係で、相生と穴切の2校舎体制でのスタートとなりましたが、平成18年4月、現在の地(旧春日小)に完全統合しました。

学校教育目標

児童の個性に応じ、自ら学び考える力などの確かな学力を育み、豊かな人間性に富み、心身共に健康で意欲的に働く児童を育成する。「有能で品位ある子ども」

目指す児童像

○深く考え、創造力があり進んで学ぶ子ども
○心豊かで思い遣りのある子ども
○ねばり強く、たくましい健康な子ども
○仲間と力を合わせて働く子ども

校歌について

本校の校歌は、甲府市出身で、「THE BOOM」のヴォーカリスト「宮沢和史」さんが作詞・作曲をしてくださいました。平成17年12月に行われました「校歌発表会」には、ご本人も出席され、多くの来賓の方々をお招きし、全校児童合唱による校歌をお披露目しました。

a_btn049 ここをクリックすると、校歌が聴けます。

※校歌のファイルをダウンロードする際には、音楽出版者である「ファイブ・ディー株式会社」(東京都目黒区下目黒2-19-3 B.I.ビル2F)への連絡をお願いします。

校章について

舞鶴小学校の校章デザインについては、新設校の学校名が決定した平成16年10月20日から12月20日までの2ヶ月間募集しました。全国各地より、応募者71名、計137点の応募をいただきました。校章デザイン選定会議の結果、現在のデザインに決定しました。その選定理由については、次のとおりです。
①「富士山」「頂上の舞鶴小頭文字M」「舞う鶴」の三要素が融合し、新鮮で洗練された形に凝縮されている。
②デザインが印象的で、しかも左右対称形でないので、独創的な作品になっている。
③舞う鶴の表現も柔らかく、小学校の校章としてふさわしい。

学校の沿革

click_here 「舞鶴小学校のあゆみ」の動画スライドを見る(高速回線推奨)

平成17年3月31日
市中心部の空洞化で児童数減少のため、甲府市立穴切小学校創立131年、甲府市立相生小学校創立128年、甲府市立春日小学校創立95年の長い歴史に幕を閉じる。

平成17年4月6日
甲府市総合市民会館において、宮島甲府市長を迎え開校式並びに第1回入学式を行う。新入学児童は47名、全校児童数371名でスタートする。

平成17年12月9日
校歌完成。作詞・作曲者 宮沢和史氏を迎え、穴切校舎において「校歌発表会」を行う。

平成18年3月22日
完成した新校舎体育館において、宮島甲府市長を迎え、第1回卒業式を行う。卒業生は両校舎合わせて72名。

平成18年4月6日
第2回入学式。入学児童は53名、全校児童353名。

平成18年4月7日
宮島甲府市長を迎え、新校舎完成による施設見学内覧会及び3校舎統合記念石碑除幕式を行う。

平成19年3月20日
第2回卒業式を行う。卒業生は85名。

平成19年4月1日
確かな学力ステップアップ事業の推進研究指定校。

平成19年4月6日
第3回入学式。入学児童は55名、全校児童343名。

平成20年3月21日
第3回卒業式。卒業生は51名。

平成20年4月7日
第4回入学式。入学児童は62名、全校児童362名。

平成21年3月19日
第4回卒業式。卒業生は66名。

平成21年4月6日
第5回入学式。入学児童は50名、全校児童346名。

平成25年4月8日
第9回入学式。入学児童は45名、全校児童312名。

平成26年4月7日

第10回入学式。入学児童は54名。

平成27年4月7日

第11回入学式。入学児童は51名。

平成28年4月6日

第12回入学式。入学児童は49名。