山梨県にある甲府市立舞鶴小学校のホームページです。

1.研究主題

「主体的・対話的で深い学び」を実現する授業づくり

~ 問題解決型のプロセスを工夫した学習を通して ~

2.主題設定の理由

(1)社会的課題と要請から

知識基盤社会の到来やグローバル化の進展など,急速に社会が変化する中,これからの時代を生き  抜く子どもたちには,幅広い知識と柔軟な思考に基づく判断や,他者と切磋琢磨しつつ異なる文化や歴史に立脚する人々との共存など,社会の変化に柔軟に対応する能力が求められている。また,知識基盤社会を担う子どもたちに必要な力として,「確かな学力」「豊かな人間性」「健康・体力」の3つの調和がとれた「生きる力」を育むことが求められている。

「生きる力」を構成する要素の1つである「確かな学力」においては,近年の国内外の学力調査の結果などから,我が国の子どもたちには基礎的・基本的な知識や技能を活用して問題を解決する能力(思考力・判断力・表現力等)に課題が見られることが指摘された。このような現状から,現行学習指導要領では,「基礎的・基本的な知識・技能」の習得に加え,これらを活用して課題を解決するための「思考力・判断力・表現力・その他の能力」を育むことが重要であると強調されてきた。

そして次期学習指導要領では,一人一人の児童が,自分のよさや可能性を認識するとともに,あらゆる他者を価値のある存在として尊重し,多様な人々と協働しながら様々な社会的変化を乗り越え,豊かな人生を切り拓き,持続可能な社会の創り手となることができるようにすることが求められている。また,「主体的・対話的で深い学び」の実現に向け,授業改善を活性化し,子どもたちの知識の理解の質の向上を図り,これからの時代に求められている資質・能力を育むことが重要であるとされている。

このような今日的課題を踏まえ,主体的に学習に取り組む姿勢や,互いに尊重しながら対話し,学び合う学習活動を通して学びの質を高め,21世紀を生き抜く力を身に付けた児童の育成を目指していきたい。

〇育成すべき資質・能力(「三つの柱」)

①何を知っているか,何ができるか(個別の知識・技能)

②知っていること・できることをどう使うか(思考力・判断力・表現力等)

③どのように社会・世界と関わり,よりよい人生を送るか(学びに向かう力,人間性等)

(2)本校の教育目標の具現化から

  学校教育目標「有能で品位のある子ども」 ~ともに学びともに育つ~

児童の個性に応じ,自ら学び考える力などの確かな学力を育み(知),

豊かな人間性に富み(徳),

心身ともに健康で意欲的に働く(体)児童を育成する。

ここに示される「確かな学力」とは,基礎・基本を確実に身に付けるとともに,自ら課題を見つけ,自ら学び,自ら考え,主体的に判断・行動し,よりよく問題を解決する資質や能力のことである。そしてこの自ら学び自ら考える力の育成は,現行学習指導要領にある「生きる力」の理念にほかならず,この理念は,基礎的・基本的な知識・技能の習得を重視した上で,思考力・判断力・表現力等も育むことを目標としている。「生きる力」の構成要素としては,「確かな学力」「豊かな人間性」「健康・体力」の3つがあるが,本校の学校教育目標も,知・徳・体のバランスのとれた人間形成を目指しており,「生きる力」の理念につながる思いが込められている。また,副題にある「ともに学びともに育つ」という言葉には,子ども同士,または教師と子どもが対話などを通して考えを交流しながら主体的に学び,思考を広げたり深めたりしていくとの思いが込められている。

これまでも,自ら学び考え,豊かな人間性に富み,心身ともに健康な児童の育成のために教育活動を推進してきた。平成29年度からはさらに,アクティブラーニングの視点からの授業改善や授業実践の展開を図りながら,日々の教育活動に取り組んできた。本年度は,児童がより主体的に学び,互いに対話し学び合うことを目指した研究を通して,本校の教育目標の具現化を目指していきたい。

(3)これまでの研究経過から

平成27年度・28年度は,「言語活動による活用力育成の工夫~書くことを中心に捉えた思考力・判断力・表現力を育む授業づくり~」という研究主題のもと,「書くこと」に焦点を当て,言語活動の充実を目指し,成果をあげることができた。

平成29年度からは次期学習指導要領の完全実施に向け,その柱となっている「主体的・対話的で深い学び」の具現化に向けて研究のテーマを移行し,『「主体的・対話的で深い学び」を実現する授業づくり~算数科における問題解決型の学習を通して~』を研究主題・副題に設定して,授業実践に取り組みことで研究を進めてきた。昨年度は,平成29年度の研究の成果と課題をもとに教科の枠を広げ,副題を「~問題解決型のプロセスを工夫した学習を通して~」に設定し,各教科等の指導において,「主体的・対話的で深い学び」を実現する授業づくりについて研究を深めてきた。今年度は,主題・副題はそのままに,ブロックごとの授業研究や一人一実践の取組を充実させ,研究内容の質をさらに高めていきたい。

(4)児童の実態・課題から

全国学力・学習状況調査や県学力把握調査,また,全校児童を対象に行ったアンケートや学校評価などから,本校児童の課題点として以下のような点が挙げられる。

①学習への意欲や基礎基本の定着度に個人差が見られる。

②目的や意図に応じ,必要な内容を整理したり,理由や根拠を示して説明したりする力

がやや弱い。

③家庭学習の習慣について,内容や質に個人差があり,取組自体に消極的な児童も見ら

れる。

上記の①と②については,これまでの基礎的・基本的な知識・技能を確実に習得させる指導を継続しながら,「主体的・対話的で深い学び」の実現に向けての授業づくりを通して,主体的に学ぶ態度を身に付けたり,対話しながら学びを深めたりしていく必要がある。③については,家庭との連携を図りながら家庭学習を充実させ,家庭学習の定着に努めていきたい。

3.研究主題のとらえ方

(1)「主体的な学び」のとらえ

学ぶことに興味や関心をもち,見通しを持って粘り強く取り組み,自己の学習活動を  振り返って次につなげる学び。

その実現のために,子ども自身が興味を持って積極的に取り組みたくなるような課題を設定し,学習活動を自ら振り返って意味付けたり,身に付いた資質・能力を自覚したり,共有したりする場を設定していく。

(2)「対話的な学び」のとらえ

子ども同士の協働や教職員との対話,先哲の考え方を手掛かりに考えること等を通して,自己の考えを広げ深める学び。

その実現のために,身に付けた知識や技能を定着させるとともに,多様な表現を通じて,教職員と子どもや,子ども同士が対話し,それによって思考を広げ深めていく。

(3)「深い学び」のとらえ

習得・活用・探求という学びの過程の中で,各教科等の特質に応じた「見方・考え方」を働かせながら,知識を相互に関連付けてより深く理解したり,問題を見いだして解決策を考えたり,思いや考えを基に創造したりすることに向かう学び。

その実現のために,子どもたちが各教科等の学びの過程の中で身に付けた資質・能力の三つの柱を活用・発揮しながら物事をとらえ思考することを通じて,資質・能力をさらに伸ばしていく。

「主体的・対話的で深い学び」の実現のための手立てとして

問題解決型のプロセスを工夫した学習に取り組む

問題解決型の学習とは,学習者が直面する具体的な学習問題をとらえ,その問題の解決のための思考活動を行って究明・解決を図っていく過程で問題解決の諸能力を育成しようとする学習形態のことであり,問題解決能力を培うためには,学習プロセスを工夫していく必要がある

4.めざす子ども像

必要感・切実感をもって課題に臨み,見通しをもって自力解決に取り組み,自分と他者の考えを交流しながら学び合うことで,見方や考え方を深めながら,自分の考えを形成していく児童。

5.研究仮設

各教科等の指導において,問題解決型のプロセスを工夫することによって,児童の主体的・対話的で深い学びが実現されるだろう。

6.研究内容

(1)授業研究

課題設定の工夫興味・関心を引く課題,実生活と関連のある課題,多様な考え

引き出せる課題,解決する必要性のある課題,動き出したくなる課題 など

学習過程の工夫…問題解決型のプロセス

 「つかむ・見通す⇒探究する①(自力解決)⇒探究する②(学び合い)⇒振り返る」

教材・教具の工夫具体物半具体物ICT活用学習掲示物

  発表ボード(ホワイトボード),ワークシート など

学習形態の工夫…全体,小集団,ペア,個 など

(2)学習会の開催

昨年度,本校では3回の学習会を開催した。1回目は6月に,甲府市学校教育課指導主事の風間俊宏先生を招聘し,道徳科の授業においての「主体的・対話的で深い学び」を具現化する授業づくりについての理論を学び,低学年ブロックの研究授業や日々の授業実践に生かすことができた。2回目は7月に,本校の望月志津子教諭を講師に外国語学習会を開催し,「FETと連携した外国語活動の実際」や「絵本の効果的な使用方法」についてワークショップ型で学び,理解を深めることができた。3回目は12月に,本校の村松訓教諭を講師にプログラミング教育学習会を開催し,実際にパソコンを操作しながら,児童の目線で楽しく学ぶことができた。どの学習会の内容も今日的課題となっているものであり,今年度も引き続き学習会を校内研究の中に位置づけ,学び続けていく必要性を感じた。また,研修会等で学んだことを積極的に還元し,教師自身が学ぶ機会を多く設けていきたい。

(3)家庭学習の推進

子どもたちが学習意欲を持ち,学習習慣を確立していくためには,学校での「主体的・対話的で深い学び」の実現に向けた授業実践とともに,家庭との連携を図った家庭学習の充実に取り組む必要がある。学校で学習したことを家庭で復習することにより,学習内容の習熟・定着を図ることができる。さらに,毎日家庭学習を続けることにより,自ら進んで学ぶ習慣を身に付けることもできる。また,学校で「わかった」ことが,反復練習によって「できる」という自信にも変わり,学習意欲の向上にもつながる。本校では,平成29年度より「家庭学習のすすめ」を全家庭に配布し,家庭と連携しながら家庭学習の習慣化を目指している。昨年度は本校の課題点をもとに,家庭学習の取組方法や改善策について全職員で意見を交流する場を設け,意識を高めてきた。今年度は,全校で共通した取組を進め,より効果的・計画的な家庭学習の推進に努めていく。

7.研究方法

授業研究部を組織して研究に取り組む。授業研究の推進を図るため,低・高の2ブロッ クに分かれ,ブロックごとに授業研究を行い,全体に授業提案する。

・ブロックごとに授業研究を行い,ワークショップ型の事後研究会で意見を交流したり

集約化したりすることにより,研究の内容を深める。

・外部講師を招き,「主体的・対話的で深い学び」を具現化する授業づくりについて

情報を収集したり理論を学んだりする。

・家庭と連携を図りながら,基礎基本の家庭学習の充実に向けた取り組みを推進して

いく。