山梨県にある甲府市立舞鶴小学校のホームページです。

1月31日(木)の朝、保護者の学校応援団読み聞かせボランティアの矢崎さんによる朝の読み聞かせをしていただきました。

朝の打ち合わせが長引いてしまい、1年3組に着いた時には残念ながら読み聞かせが終わっていました。担任の先生にとっていただいた写真を掲載します。

1冊目は、條塚かをり作・安井淡絵の「ちいさな くれよん」でした。感想は「小さくなったものも大切に使おうと思える本です。みんな静かに聞いてくれました。」だそうです。手応えは「良かった」そうです。

2冊目は、くさばかずひさ作・平安座もとなお絵の「つながっている『いのちのまつり』」でした。感想は「しかけに『オー』っと喜んでくれました。」だそうです。手応えは「良かった」そうです。自分はお母さんから生まれ、そのお母さんはおばあちゃんから生まれ、そのおばあちゃんはひいおばあちゃんから生まれ・・・という命のつながりを感ずることができる仕掛けが絵本にあり、それが子どもたちからとてもうけていたそうです!!

ものの大切さを教えてくれる絵本や命の素晴らしさを感じることができる絵本を子どもたちにわかりやすく、楽しく読んでいただいた矢崎さんに心から感謝申し上げます!