山梨県にある甲府市立舞鶴小学校のホームページです。

1月25日(金)の3校時、体育館で3年1組が体育の授業をしました。私が体育館を訪れた時に、平均台の体づくりの運動をしていました。私が行く前は、なわとびの学習をしていたそうです。

最初は、平均台を5台まっすぐに並べて、そこをバランスを取りながら歩きました。みんなとても慣れていて、スタスタと速く歩いて渡っていました!

次は、平均団をジグザグに並べ、その上を歩いて行きました。これも問題なく、ズンズン進んでいきました!

 

今度は、ジグザグに並べた平均台の間に隙間をつくり、そこを大股でまたぎ越してもジャンプして渡ってもいいので、平均台の隙間を渡ることに挑戦しました。大股で渡る子が多かったのですが、中にはジャンプして次の平均台に飛び移っている子もいました!

最後は、平均台の上で片足ケンケンをしたり、片方の足を平均台の上に乗せてもう片方の足を床に着いたり、平均台の上で1回転ターンしたり、平均台の上でスキップをしたり、様々な技に挑戦しました! みんなやる気満々で、怖がることなく難しい技に挑戦していました! こうした運動をすることにより、小脳のバランス感覚などが鍛えられていくのだなぁと感心しました!!

最後の先生の話も、みんな静かに体育座りをしてきちんと聞いていました!

平均台を怖がることなく、意欲を持って積極的に挑戦した子どもたちと、だんだん難易度を高くして子どもたちのやる気を上手に引き出した村松先生に大きな拍手を送ります!!