山梨県にある甲府市立舞鶴小学校のホームページです。

12月19日(水)の5校時にプレイルームで、本校の隣の甲府信用金庫の皆さんに今年度も3年生対象の「金融教室」を開催していただきました。

最初に、お金に関する様々な問題を出していただき、子どもたちはそれに答えました。例えば、「問題:お金はコピーすればつかえるの?」「①いたずらであれば大丈夫」「②1回だけなら使える」「③警察につかまる」といった具合です。子どもたちは真剣に考え、結構正解していました。

次に、実際に子どもたちに1000円札を配っていただき、お札の偽造防止の工夫を見つける学習をしました。「透かし印刷」や「識別マーク」「すき入れバーパターン」などを紹介していただき、それを裸眼や虫眼鏡等を使って見つけました。一つ一つ発見しては「あった!あった!」と嬉しそうにしていました!

お小遣い帳を配っていただき、その使い方の説明をしてくださった上で「お年玉の管理などに使ってくださいね!」と勧めていただきました。お小遣い帳をつけて、自分のお小遣いを管理するというのは子どもたちにとって生きる力を育む良い体験となると思いました!

 

最後に甲府信金さんにご用意いただいた1億円(?)の入った紙袋を、一人一人持ち上げて教室に戻りました。みんな「重いなぁ!」と驚いていました!!

この教室を通して子どもたちはお金の大切さを知り、お金を計画的に使うことの必要性を強く感じたのではないかと思います。様々な準備をしていただき、子ども達の興味関心を引くよう上手にご指導いただいた甲府信用金庫の皆様に心から感謝を申し上げます!!