山梨県にある甲府市立舞鶴小学校のホームページです。

11月12日(月)の朝、2年2組の教室で保護者の学校応援団読み聞かせボランティアの小林さんによる朝の読み聞かせをしていただきました。

 

1冊目は、佐藤雅彦・ユーフラテス作の「中をそうぞうしてみよ」でした。感想は「レントゲンで、身の回りの物の中を見る写真絵本です。歯医者さんで撮ったこともある子も多く、興味を持ってくれたようでした。」だそうです。手応えは「良かった」そうです。

2冊目は、倉本美津留作・いぬんこ絵の「ねこのたまたま」でした。感想は「リズムに乗せて朗読する本で、読んでいる方も楽しめました。意地悪ばあさん、優しいおばあさんの対比が面白かったようです。」だそうです。手応えは「良かった」そうです。

3冊目は、くすのきしげのり作・伊藤秀男絵の「まんてんべんとう」でした。感想は「長いかな、と思いましたが、主人公の気持ちに感情移入してもらえたかな・・・と思います。主人公はもちろん、出てきたお父さんとお母さんの想いにも気づいてもらえたらうれしいです。」だそうです。手応えは「良かった」そうです。

私は3冊目を主に聞かせていただいたのですが、話を聞いていて、思わずほろりとしてしまうような読み聞かせでした。

バラエティー豊かに本を選んでいただき、子どもたちの心にしみいるような読み聞かせをしていただいた小林さんに心から感謝申し上げます!!