山梨県にある甲府市立舞鶴小学校のホームページです。

11月1日(木)の3・4校時に5年1組が、5・6校時が5年2組がそれぞれプログラミング教育を体験しました。これは、甲府市教育委員会学事課の紹介で、Ysk e-comの皆様に「Pepperと友達になる方法」という小学校向けのプログラミング出張授業を本校でしていただいたものです。なんと、Pepperを4台も用意していただき、クラスごと6グループになり、全員が順番にパソコンを使ってプログラミングを体験できるようにしていただきました!

Ysk e-comの皆様には、8名参加もしていただき、子ども達が分からなくなったらすぐ対応していただける指導体制をとっていただきました。子ども達は、慣れないプログラミングでしたが、少しも不安を感ずることなく体験をすることができました。

最初に、画面上でパーツを組み合わせる感覚で、Pepperに「こんにちは」などと話をさせました。

次に、話をした後、手を振ってあいさつをするプログラムを組みました。みんな楽しそうに取り組んでいますね!

 

いよいよ少しずつ難しくなってきました。今度は、Pepperと会話をすることに挑戦しました! 例えば、「こんにちは」と言うと「ハロー」と返事をして、「おはよう」というと「グッド モーニング」と答えるといった具合です。でも、丁寧にご指導していただき、たくさんの支援をしていただけたので、迷うことなくプログラムできました!

最後に、学校紹介をすることに挑戦しました。例えば、「学校の住所はどこ?」と聞くと「甲府市丸の内2丁目35-5」と答えたり、「児童数は何人?」と聞くと「320人」と返事をするといった具合です。レベルはだんだん上がっていましたが、しっかりクリアすることができました!

最後に、お礼のあいさつをして終了しました。子ども達にとって、とても楽しい経験になりました!

ここからは、5・6校時に行った5年2組の授業の様子です。

同じ流れで指導していただきました。私が、午後、学校応援団の皆様の写真を撮りに行かなければならなかったので、途中までしか撮影ができませんでした。ご了承ください。でも、2組も1組と同じように、楽しい貴重な体験をすることができました!

Ysk e-comの皆様には、現在の学校教育では実現することができない先進的なプログラミング教育の体験を実施していただき、心より感謝申し上げます! 子ども達にとって、本当に楽しく、また、なかなか経験することができない貴重な体験となりました!

また、今回の体験教室をコーディネートしていただいた学事課の皆様にも、心より感謝しています!!