山梨県にある甲府市立舞鶴小学校のホームページです。

10月9日(火)の午前9時40分から午前11時35分まで、山梨県都市計画課と学術文化財課の主催で、甲府城で「甲府城の歴史学習、芝張り体験」を行いました。

舞鶴小学校の子ども達に甲府城や舞鶴城公園を身近に感じ、関心・興味をもってもらうことを目的として、「甲府城の歴史学習」や「舞鶴城公園の芝張り体験」を企画してくださったそうです。

1組が始めに甲府城の歴史学習を行い、その後、芝張り体験をしました。
2組は逆に始めに芝張り体験をし、その後、甲府城の歴史学習を行いました。

ここまでが1組が体験した「甲府城の歴史学習」の前半の様子です。甲府城の石垣や鉄門の説明をしていただきました。特に、お城を外敵から守るための様々な工夫や、力を示すための大きな石である鏡石などの話があり、子ども達は興味深く聞いていました。

ここまでが2組の「芝張り体験」の後半の様子で、私が行ったときには芝を張り終わり、そこに目土を入れている様子とそれが終わり手洗いをしている様子です。みんな楽しそうに取り組んでいました!

ここまでが1組が芝張りをしている様子です。この後、2組と同じく目土を入れます。今回芝を張るのが初めての体験の子が多く、やはり楽しそうに取り組んでいました!

ここまでが2組が甲府城の歴史学習をしている後半の様子です。私が行ったときには、鉄門の説明が終わり、ちょうど休憩時間でした。その後、天守閣のあったと思われる石垣の説明を受けていました。「1つの大きな岩を割って、両方とも石垣として使っている」という説明を聞き、それがどの石なのか見つけていました。

最後に今回の学習のまとめのお話をしていただき、記念撮影までしていただきました。学校の近くなのに意外と甲府城の様々な工夫について知らない子どもが多く、そうしたお話を聞くことができたのはとても有意義でした。また、芝張りが楽しかっただけでなく、自分が張った芝が今後元気にそこで生き続けていることは、子ども達にとってとても記念になったと思います! 山梨県都市計画課の皆様、県学術文化財課の皆様、山梨県埋蔵文化財センターの皆様に心からの感謝を申し上げます! ありがとうございました!!