山梨県にある甲府市立舞鶴小学校のホームページです。

3月15日(木)の朝、2年1組の教室で保護者の学校応援団読み聞かせボランティアの齊藤さんが朝の読み聞かせをしました!

     

1冊目は「メリーさんのひつじ」です。「メリーさんのひつじ」という歌がありますが、その歌が誕生した本当のお話だそうです。お話しのストーリーはもちろん、絵が素晴らしく、額に入れてリビングに飾っておきたいような楽しさと美しさがありました。子ども達もよく聞いていました。

2冊目は「マララさん こんにちは」です。マララさんの身に起こった事件と、その後、マララさんに届いた手紙やメッセージを中心にたくさんの写真が載っている写真絵本です。長い文章は一番のポイントとなる部分をピックアップして読んでいただきました。みんな真剣に聞き入っていました。

3冊目は「こんな しっぽで なに するの?」です。しっぽだけでなく、動物の生きる知恵である体の仕組みについて絵とともに書いてあります。例えばテッポウウオは、口から水鉄砲のように水を噴出し昆虫を水面に落として食べます。子ども達の興味関心を引くことがたくさん詰まっています。

牧歌的な話や現代の差別の問題を取り上げた本、動物の生きるための知恵の本とバランスよく選書していただき、上手に読んでいただいた齊藤さんに心から感謝申し上げます!!