山梨県にある甲府市立舞鶴小学校のホームページです。

2月5日(月)のお昼の時間に穴切神社節分地域交流訪問をしていただきました。今年は節分の2月3日が土曜日で、例年実施していただいている穴切地区消防団を中心とした方々が土曜日に節分のイベントを実施してしまうため本校での実施方法を模索していたのですが、岩下PTA会長さんと新井元PTA会長さんを中心に、有志の歴代のPTA会長と地域の方、大学生にご協力いただく中で、今年度も例年通り実施することができました。

穴切大神社の秋山宮司さんに、例年通り、節分のいわれについて学校放送で全校にご説明いただきました。そのお話の中で特に印象的だったのが「節分の豆まきは、昔は立春からを新年と考えており、その新しい年をお迎えするために家の中のオニといった邪気を豆(魔滅)で追い払い、福の神を迎えるための行事である」という内容に「なるほど!」と合点いたしました。

写真をご覧いただくとおわかりのように、子ども達は怖いんだけれど楽しい時間を過ごすことができました! 6年生の教室では、学級の子ども達全員とオニや福の神、露払いの方々と記念写真も撮りました。教室を出るときには、多くの学級で「ありがとうございました!」という声が聞かれました!

今回ごオニや福の神等で参加いただきました皆様と、この節分交流訪問をプロデュースしていただきました岩下PTA会長さんと新井元PTA会長さんに心からの感謝を申し上げます!!