山梨県にある甲府市立舞鶴小学校のホームページです。

12月7日(木)の朝、1年1組の教室で保護者の学校応援団読み聞かせボランティアの豊前さんの朝の読み聞かせが行われました。

 

1冊目は「いいから いいから④」でした。

こんどは、にんじゃがやってきた!大人気ユーモア絵本シリーズ待望の第4弾です!
ある日おとうさんが、道で泣いていた忍者を連れて帰ってきた。
「いいからいいから」と、いつものように迎え入れたおじいちゃん。
つぎの日からおじいちゃんの家で忍者修行が始まる・・・。
間抜けな忍者とおじいちゃんのやりとりが笑いをさそいます。
おかしさはもちろん、忍術あり、しみじみあり。そんな『いいから いいから4』ただいま参上(EhonNaviより)

今日は学校経営研究会があり、読み聞かせを私自身聴くことができませんでした。でも、この本は本校の朝の読み聞かせでも定評のある楽しい絵本ですので、きっと楽しい読み聞かせになったことと思います。

2冊目は「おてがみでーす!」です。

「あーっ、たいへんだ!」
からすの郵便屋さんが配達をしていると、大切なお手紙が風に飛ばされてしまいました。
困っている郵便屋さんを見て、きつねくんたちは一緒にお手紙を見つけてあげると、誰のお手紙なのか気になります。そこで、からすの郵便屋さんと一緒に届けにいくことにしましたが……。
相手を思う温かい心がお手紙を通して伝わってくる、素敵な絵本です。

<ここがポイント>
・思いやりの心が伝わります
・お手紙をもらうことの喜び
・季節感たっぷりの絵本です

<おうちのかたへ>
忘れていた気持ちを届けてくれた ゆうびんやさん
教育評論家・尾木直樹

心地よい秋風に乗ってお手紙を配達中の、からすのゆうびんやさん。突然吹いてきた強い風に、3通のお手紙が飛ばされてしまいました! ゆうびんやさんは、手紙の紛れ込んだ落ち葉の山を前に、困ってしまっています。
そこに通りがかった、きつねくん、うさぎちゃん、りすくん。早速「さがしてあげるよ!」と協力してあげます。まず見つかったのは――秋色に紅葉した、いちょうともみじ、栗の葉っぱ。
違う、違う!
改めて探し始めた3人。今度こそ、秋色の封筒に入ったお手紙が見つかりました。
何か、おもしろそうだぞ、とゆうびんやさんについて行った3人ですが、普段、なかなか見ることのできない場面に遭遇します。そう、お手紙が届けられる瞬間に立ち会えたのです。
手紙を受け取り、開いた時の、もぐらさん、くまのおじいさん、ねずみのお母さんのうれしそうな表情といったらありません! お手紙には、大切な人から人への愛情とメッセージが詰まっていたのですね。
手紙は、届けてもらって手にした時と、読んだ時、うれしい気持ちは増幅していく――。そんな手紙のパワーを3人目の当たりにしたのです。自分たちも、大好きなおじいちゃん、おばあちゃん、お父さんとお母さんに、あなたが大好きだよ、大切だよという気持ちを、今すぐにでも手紙で伝えたくなりました。
3人は、からすのゆうびんやさんを助けてあげたけれど、その優しい気持ちの代わりに、さわやかな秋の訪れと、忘れていた大切な人への気持ちに気づかせてもらったみたいですね。よかったね。

<編集者から>
からすの郵便屋さんが風に飛ばされたお手紙は、赤と黄色と茶色の、まさに落ち葉色。落ち葉の中に落ちたお手紙はなかなか見つかりません……。
子どもたちが無邪気に「みーつけた!」といって取り上げたものは……?
そのシーン、とっても可愛いので、ぜひお楽しみに。
お手紙を書くときって、相手のことを想って書きますよね。
そのあたたかい心がお手紙を通じて伝わってくる、とっても素敵な作品です!(EhonNaviより)

この絵本は、私の最も大好きなもののうちの一つです! 豊前さんの心温まる優しい読みによって、きっとこの絵本の中に一杯詰まっている思いやりや優しさが子供達の心に届いたと思います!

素晴らしい読み聞かせをしていただきました豊前さんに心から感謝を申し上げます!!